2015年05月27日

神待ち

「すき焼き食べたいです」、そんな書き込みを神待ちの掲示板で見つけた。そーいえば、俺も食いてーなと思って、連絡してみた。
「俺も食いたいねー。どこで食う?」
渋谷で待ち合わせて、食べ放題に行った。神待ちの子だから、たくさん食うかと思ったし。
「牛肉、すごくひさしぶり」と女の子は喜んでいた。けど、自分はちょっと食欲失せた。すごいデブだったからだ。この女、どれだけ食うんだろと思ったが、意外と食べなかった。「もっと食えば?」と言ったら、「もうおなかいっぱいです」だって。うそだろ。
LINEの神待ち
女芸人みたいな女で、よくしゃべる。しかも声がでかい。こんな女になんでおごらなきゃいけねーんだと思ったが、神待ちで捕まえたんだし、こういうケースにも大人の対応をしなければ。神は平等だ。最低限のことはしてやろう。
その代わり、がんがん酒を飲む子だった。ビールとか焼酎とか、ハイボールとか。どこのオッサンだよ?
「いつもお酒で失敗しちゃうの」とトロンとした目で言ってくる。「そうなんだ?」と言ったが、まぁ。このデブが酔いつぶれたら、俺だって放置するね。襲う気も起きないし。
店を出て、そのまま俺は帰ろうと思ったが、デブは酔ってるのか、酔っているふりをしているのか、ラブホの前で「行こ」と俺の腕を引っ張る。断ろうとおもったが、なんか興味が出てきて、一緒に入ってしまった。
こんなデブが相手でも、起つんだ、俺。ちょっとへこんだ。こいつ、デブだなー、すげえ肉だなーと思いながらも下半身はギンギンだった。やべえ、俺。


プチ援交
手コキ
posted by なお at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。